2018年02月23日

そろそろ(2)

三寒四温に入るのでしょうか。
まだなら、呼び寄せよう。
   来い!
  20180214春.jpg

 メダル捕りごっこにはしゃいでいるあいだに、厚労省は隠したつもり(破棄したはず)のデータが地下で見つかりました、なんてとんだ茶番があったり、もはや65歳は高齢者ではないと勝手に決めやがって、死ぬまで働けという働き方改革国会があったりしている。
何歳からが高齢者であるのかなんて線引きに意味はない。
そんなのは放っといてくれ。

それよりも、国会中に居眠りをしていたり、隣同士で「談笑」したり、下品で無知なヤジが仕事だと勘違いしている人にも税金から給料が出る仕組みの働き方の改革を、ぜひとも進めてもらいたい。
やれるわけないだろうけれど。
posted by ごとー at 14:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年02月21日

不慣れな生活

普段やり慣れないことをすると、思いもしない失敗があるもの。

めったに風邪をひくということはないし、咳をするということも当然ない。
それが、そのめったにないことをやってしまって、鼻水も出れば咳も出るものだから慣れないマスクをした生活。

鼻をかもうとしたとき、どうしたわけかメガネを外していた。
机に置いたメガネを眺めながら、これって意味があるか?とツッコんでいたけれど、ま、そんなことよりズルズルしかけた鼻をかむことが先だと、ぶぅい〜んと。

何かがおかしい。
気がついたら、マスクの上からティッシュをあてていた。
posted by ごとー at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年02月17日

うるっと・・・

旅する歌うたいの「だいすけ」くんが、ぼくの詩に曲を付けてくれた。
  20180217CD.JPG
曲を付けたと聞いたときは、あの詩に曲なんてつけられるのだろうかと疑心暗鬼だったけれど、聴いているうちにジンときて、そしてうるっとなった。
自分で言うのもどうかと思うけれど、言葉を殺さず一語一語を大切に扱ってくれたメロディラインはさすがだと思う。

ぼくが死んだら葬式で歌いますと彼は言っていたけれど、死んでからなら聴くことができないことに彼はようやく気づいたようで、ミキシングをした橋村君がデモ音源を送ってくれた。
ぼくの宝物になりました。

咳のし過ぎでぎっくり腰になりかけて、ちょっと気落ちしていたけれど、気分は晴れた!ありがとう!
posted by ごとー at 14:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年02月14日

そろそろ

    20180214もうすぐ春.jpg
posted by ごとー at 17:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年02月09日

一大事!?

  一大事.JPG
どういういきさつで店名を決めたのかわからないけれど、俗にいう「一大事だ!」という風情ではない、実に穏やかなおやじさんが一人でやっている。

もしかしたら、一つの事を大切にするという意味だったのかも、とうがった見方もありかな?
店主はテレビドラマのあの・・・「渡る世間・・・」のラーメン屋のおやじにそっくりだった。

もしもその人そのものだったら一大事だ。
posted by ごとー at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年02月04日

イワシ、ガンバレ!

    お守り。
  IMG_1423.JPG
きのう季節を分けられて、今日から春。
寒くても、春。
氷点下になっても、春。
仕事をしていても、春。

もう一つのお守り。
IMG_1424.JPG
   これは、確実に効果がありそう。


posted by ごとー at 13:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年02月01日

2月です

二月は逃げる。
三月は去る。

ってことは・・・
  20180123春遠からじ.jpg かな?
posted by ごとー at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年01月25日

念仏行脚

太秦西光寺から光明寺まで念仏を唱えながら、
おそらく数百人の黒衣の僧侶が続々と・・・。
  念仏行脚.jpg
初めて見たときは何のことだかわからず、ぼくは目を開けて立ったままトリップしてしまったのかと本気で心配になった。

  昨夜は、立ち止まって合掌していました。
   
   荘厳です。

posted by ごとー at 17:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年01月24日

なんじゃ こりゃぁ 寒

なにかがおかしくなっているような気がする。
地球が悲鳴を上げている。
 20180123寒風.jpg
マイナス60℃のところもあれば、マグニチュード7.9のところも。
そして、草津は噴火。
もしかしたら、さらにもっと・・・

それでもぼくらは、地球にしがみついて生きるしかない。
posted by ごとー at 14:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年01月17日

  20180105雨が雨に.jpg

  震災から23年。
 早朝のテレビ画面では、想像を絶する映像が映し出されていた。

 見た目は「復興」されたようだけれど、復興されない心の傷もあることを忘れてはいけないと、エラそうに思う。

 東北は見た目にも復興とはほど遠い。
 自分が生まれ育った地も職も奪われ、生涯もどることが許されない現実がある。

 自分たちは安全な場所から動くことなく、原発利権にしがみいている奴らがいることも忘れてはいけないと、エラそうであっても言い続ける。
posted by ごとー at 13:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記